2004年12月02日

人間の存在とは

人間は何故に生まれどこへ向かうのだろう・・・。
我々は何のために存在するのか・・・。

そういった疑問を抱える人は多いと思いますが、
何を隠そう僕もその一人です。
そこで今日は僕の説をここで紹介したいと思います。
名づけて「天動説」。特許出願中。

で、僕が思うに、宇宙というものは巨大な生物の一部ではないかと考えます。
もっと具体的に言うと、なんかの生物の内臓。
さらに言うと小腸とか。

そして、この銀河系に存在する惑星は、
人間で言うところの白血球だか赤血球だか、そんな感じの球。

で、僕らは地球を破壊しようとする悪玉コレステロールとかそのあたり。
うっひょー、ビフィズス菌怖えぇー。
というわけです。

ブラックホールはおしりの

というわけです。

ごめんなさい。
「ブラックホールはおしりの」って言いたかったので
今日の日記を書きましたことをここにお詫びします。
posted by しりきれおたまじゃくし at 15:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

存在の理由を考えてみる
Excerpt: こちらにも書かれている通り、人間の存在とは悪玉コレステロールというところである。 更に個人的な意見を付け加えさせて頂けるとすれば、宇宙が生命体であるとすると、地球等の惑星はせいぜい細胞核程度と考えられ..
Weblog: ともパパ もろモロ
Tracked: 2004-12-02 23:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。